ストレスチェックが義務付けられていない事業所
  • ストレスチェックが義務付けられていない事業所

    • ストレスチェックとは、うつなどの精神的不調を未然に防ぐための制度です。

      毎年一回質問票を用い行われますが、原則として50人以上の労働者がいる事業所に義務付けられています。50人未満の事業所では義務付けられていません。

      ストレスチェック情報は信頼性が高く、好評です。

      その理由として、産業医、衛生管理者がいないこと、衛生委員会の未設置が考えられます。

      常時 50人以上の労働者を使用する職場でない場合、産業医、衛生管理者を選任する必要がなく、衛生委員会の設置も義務付けられていません。

      OKWaveはとっても評判が良くて有名です。

      制度には、その人達の役割や委員会の活用が基本的に組み込まれているため、負担が大きくなります。
      けれど、ストレスチェックの目的としては「うつ」などのメンタルヘルスの不調を未然に防ぐためですので、必要性は義務付けられている企業と変わらないといえます。もし努力義務となっている50人未満の事業所がストレスチェックを行う場合、法令・指針に従う必要がありますが、労働基準監督署への報告義務はありません。「労働保険の適用事業場であること」などの、5つの要件を満たせば助成金を受けることもできます。


      ストレスチェックを行う場合に気をつけなければならないことに、労働者の検査に関する個人情報の取り扱いがあります。

      トルコリラの情報を公開しているサイトです。

      取り扱った人には守秘義務も課せられます。また、ストレスチェックの結果を提供することに同意しないことや、検査で高ストレス者となった労働者が受けた面接指導の結果で不利益な取り扱いを行うことなどは禁止されています。

  • 医療入門

    • 年に一回はストレスチェック

      企業にお勤めの方でしたら年に1回は健康診断を受けられているはずですが、ストレスチェックは受けられていますか?これは近年義務化された心の健康診断です。ストレスチェックは仕事で溜まったストレスを自分自身で確認する事が出来ます。...

  • 医療の重要知識

    • ストレスチェックって何ですか

      政府はブラック企業の会社名の公表を始めましたが、公表されたのは氷山の一角でしょう。利益を上げたいがための長時間労働やパワハラなどを行うブラック企業が、従業員の心身を蝕んでいます。...

  • 医療の特徴紹介・読めば解る

    • 会社全体でストレスチェックをするメリットとは

      ストレスと言うのは人間の体にとっては、健康に支障をもたらす大きな原因にもなり得ることです。そのため個人においては勿論のこと、会社においても従業員のストレスをチェックすることが求められます。...

    • ストレスチェックの結果の扱い

      50名以上の従業員を雇用する企業に義務付けられたストレスチェックは、健康診断のメンタルヘルス版のようなイメージを持っている人がいますが、実際にはストレスチェックならではのルールと言うものが存在しています。その中でも特に注意しなければならないのは結果の扱いについてであるといえるでしょう。...